So-net無料ブログ作成

2018-10-31

 10月30日の徳島新聞朝刊に、学区制20、21年度は維持 有識者会議 小規模見直しへとの見出しで掲載されましたね。前回の会議から2カ月待たされて、肩すかしをくらった感じです。このままのぬるま湯の学区制であり続ければ、ますます大学入試の競争には、勝てない徳島になってしまいますね。現在の中学2年生が受験する20年度入試から導入する新制度は、第3学区への流入率の変更ぐらいしかないのではと思います。その変更もせいぜい20%ぐらいの小規模な見直しでしょう。せめて30%は欲しいところです。でないと教育の機会均等が「絵に描いた餅」になってしまうと思えてなりません。
 下記は、徳島県のホームページに前回の会議と今回の会議の資料が掲載されています。概要などに関しては、早い対応になり、有難いとは感じています。↓https://www.pref.tokushima.lg.jp/kenseijoho/kenseisogo/shingikai/kyoikuiinkai/5021036/

さて、結論はいかに。この手の結論なら、遅くても年内には出せるはずではと思うのは、私だけでしょうか。


nice!(1)  コメント(345) 

2018-10-28

10月3日に実施された、第1回基礎学力テストの結果(知り得た情報からのため、偏りはあるかと思います。昨年よりかなり高めの平均点が多かった)と10月23日公表された公立高校の定員、9月以降実施された公開授業や学校説明会等の内容や各種口コミから、私見としての合格ライン(合格率90%ラインとして、今回の基礎学力テストの点数を用いる)を記します。信じるか否かは、自己責任でお願いします。信じられる方のみ、今後の目標点として参考にしてくださいね。第2回基礎学力テスト後も、修正をしながら報告したいと思います。
 要望の多かった徳島市内普通科等の合格ライン(※注意 合格100%ラインではありません)を列記しておきます。

【学区外】
・城東・・・・・・・475点
・城南・・・・・・・440点
・徳島市立・・・435点
・徳島北・・・・・440点
・城北・・・・・・・415点 

【学区なし】
・城ノ内・・・・・360点
・徳島市立理数科・・・475点
・徳島北国際英語科・・・420点
・城南応用数理科・・・385点
・城北理数科学科・・・385点
・徳島科学技術総合科学類・・・320点
・徳島商業商業科・・・260点


【学区内】
・城東・・・・・・・375点
・城南・・・・・・・340点
・徳島市立・・・330点
・徳島北・・・・・330点
・城北・・・・・・・315点

nice!(1)  コメント(25) 

2018-10-24

 10月23日の18時に、県教育委員会のホームページで、平成31年度の公立高校の募集定員が発表されましたね。↓

http://nyuushi.tokushima-ec.ed.jp/?action=common_download_main&upload_id=675

 定員減のトップは、城東高校と鳴門高校で、ともに-40名となってしまいました。次いで小松島高校が-35名、そして、鳴門渦潮高校総合学科が-20名、富岡西高校普通科が-15名などとなっています。
 各高校の主だった学校説明会も終わり、各種口コミもある程度揃いました。それらを加味して、昨年度よりかなり高くなった基礎学力テストの平均点と過去のデータと照らし合わせて、ほぼ安全圏を示す点数を出していきます。近日中には掲載する予定です。
nice!(1)  コメント(7) 

2018-10-07

10月6日の徳島新聞朝刊に、公立高校進学希望調査結果が掲載されていましたね。今回は、昨年度の定員に対する競争率なので、参考程度になりますが、 今年も、徳島科学技術高校(特に総合科学類)の人気が目立ちますね。また、城南高校普通科も、昨年同様人気ですね。残念ながら、城ノ内高校は、49人も定員割れになっていましたね。国公立大学の合格実績が城東高校並みに素晴らしいのに気の毒です。
 次回11月中旬に掲載される公立高校進学希望調査結果は、基礎学力テストの結果も分かった上での数値になりますので、どのような動きになるのかが興味津津です。本日までに知り得た情報(先日の約3倍)では、第一回基礎学力テストの出来は、昨年よりは良い感じですね。
nice!(1)  コメント(9) 

2018-10-05

 10月3日に第一回基礎学力テストが実施されました。耳に入ってきた十数件の情報によると、昨年並みか少し難しい感じですね。地域にもよりますが、英語と社会が難しい感じです。数学も大問1に関しては、割と解けている感じです。国語の出来は良いようですね。理科に関しては、出来具合はまちまちでした。答案用紙は、来週中には返ってきますので、その結果を受け、定員発表後に、今回のボーダーライン(合格最低点ではない独自の判断点=ほぼ安全圏)を掲載したいと思っています。
nice!(1)  コメント(0)