So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

2019-08-31

 既にご存知の方が多いとは思いますが、先月、生徒・保護者の皆さまへの冊子が掲載されました。
 この冊子では、令和2年度公立高等学校入学者選抜の全体像を分かり易くまとめられています。各高校の選抜資料や特色選抜実施要項を一覧表にしてまとめていますので、是非、志望校を決定する際の参考にしてください。(公立高等学校入学者選抜⇒令和2年度入学者選抜⇒生徒募集選抜要項等について⇒生徒・保護者の皆さまへまでクリックしてください。)↓

http://nyuushi.tokushima-ec.ed.jp
nice!(0)  コメント(1) 

2019-07-03

2020年度の入試の日程が、やっと発表されましたね。3月10、11日で、やはり例年通りの火曜日と水曜日になりました。また、願書受付が、2月26、27日となりました。ということは、今年度は調整がし易い年になりそうです。なぜなら、阿南高専の合格発表後(入試日が2月16日の日曜日で、合格発表が2月20日木曜日)になったからです。10月下旬に決まる定員の発表による波乱は、このことから、若干緩和されそうです。ただし、特に、徳島市内の学区内普通科の合格のボーダーラインは、学区外からの流入率の緩和から、確実に上がるので、今以上に1点の重みが増すと思いますよ。受験生の方は、志望校合格のためにも、今以上に頑張って下さいね。
nice!(1)  コメント(10) 

2019-06-27

 現在の中学2年生が受験する2021年度入試から、城東高校が「全県募集校」になりましたね。さらに2020年度入試からは、今の3学区制を維持した上で、全学区で学区外からの生徒流入率を緩和(徳島市立高校のみ現状を維持。徳島市立高校は、県立高校ではなく、徳島市の高校ですから、学区外からの流入率は廃止でもいいようにも思えますが。)されます。ただ、肝心の募集定員の発表が、10月下旬の予定なので、具体的な影響を測るのが難しいですね。仮に今年の定員で予測をすれば、例えば城東高校の学区内は、最低400点台が必要になりそうですね。そして、徳島市内を含む第3学区適応の地域からの他学区への通学を余儀なくされる生徒が、更に増えそうですね。そうなれば、一波乱が生じるのではと危惧しています。
nice!(1)  コメント(21) 

2019-06-06

 例年通りなら、6月10日前後頃徳島新聞に、令和2年度の高校入試の日程が掲載されます。これに併せて、徳島県公立高等学校普通科の通学区域制の在り方関連の発表も欲しいですね。まあ遅くても7 月下旬までには、発表の運びにはなると思いますが・・・・・。
 今年度の基礎学力テスト日程も決まったようですね。第1回が10/2、第2回が11/20、第3回が1/9との予定です(中学校のホームページの行事予定にも掲載され始めています)。



nice!(1)  コメント(7) 

2019-05-23

平成30年度(それ以前のも含む)の公立高校入試の平均点など、より詳しく知りたい方は、県のホームページに掲載されています。今年度の公表は、まだでしょうか。ご存知の方はいらっしゃいませんか。


平成30年度の公立高校入試の平均点の発表は、4月26日の第二回定例会で報告されていました。一般選抜の5教科総合の平均点は、51.7点という低さでした。詳細は、下記よりご確認ください(特色選抜の平均点も報告されています)。報告事項の資料3のPDFをご覧ください。↓

https://www.pref.tokushima.lg.jp/ippannokata/kyoiku/gakkokyoiku/5014638/
nice!(1)  コメント(5) 

2019-05-14

 5月9日に開催された徳島県教育委員会第3回定例会で、平成31年度徳島県公立高等学校入学学力検査集計結果についての報告があったようですね(下記に抜粋あり)。翌日の新聞を確認しましたが、集計結果の記事を見つけられませんでした。昨年も、新聞では見つけられませんでしたが、県教委のホームページに掲載されました。一昨年前までは、GW前後に新聞に掲載されていた記憶がありますが・・・・・。
 高校での大学入試の合格実績が芳しくない場合、ホームページへの掲載が遅かったりしますので、それと同様かなと考えてしまいます。また、県教委のホームページでも見つかりませんので(見つけられていないだけかもしれませんが)、例年より平均点が、悪すぎる教科でもあるのではと勘繰ってしまいます。


*************************************************************************

徳島県教育委員会第3回定例会について

このことについて、次のとおり開催します。

1日時

令和元年5月9日(木)午後3時30分開会

2場所

徳島県庁9階教育委員室

3議事

〇報告事項(1)報告事項1 平成31年度徳島県公立高等学校入学学力検査集計結果について
(2)報告事項 平成31年度全国学力・学習状況調査について


nice!(1)  コメント(3) 

2019-03-20

 今朝の徳島新聞に、学区制見直しを協議する「通学区域制に関する有識者会議」の最終会合の内容が、掲載されていましたね。現在の中学1年生が受験する2021年度入試から徳島市の1高校を全県募集案を県教委に提出することが決まりました。また、学区外からの流入率を拡大することも了承されました。20年度入試に支障が出ないよう、できるだけ早期に全県募集校を選定し、流入率の変更割合を決めるようです。例年、7月下旬に、生徒募集選抜要項が発表されていますので、遅くともそれよりも前には、発表されるでしょうね。おそらく、6月辺りでしょうか。巷の声(噂)でも、全県募集校は城東高校のようです。ただ、徳島北高校という声(噂)も割と多いですけどね。流入率の変更割合は、15~20%と予想していますが、どうなりますでしょうか。

※県教委のホームページに、今までの有識者会議の報告が掲載されています。↓

https://www.pref.tokushima.lg.jp/kenseijoho/kenseisogo/shingikai/kyoikuiinkai/5021036/
nice!(1)  コメント(38) 

2019-03-14

 第2次募集実施校及び募集人員が発表になりました。↓  城ノ内や徳島科学技術、阿波に、人気が集中しそうですね。

http://nyuushi.tokushima-ec.ed.jp/?action=common_download_main&upload_id=728


 生徒募集要項より↓  頑張った成果が気になる方は、学力検査の教科別得点の開示請求をしてみませんか。


          入学者選抜に係る個人情報の開示

 受検者は選抜の結果について,徳島県個人情報保護条例(平成14年徳島県条例第43号)第26条第1項及び徳島市個人情報保護条例(平成17年徳島市条例第1号)第25条第1項の規定に基づき,口頭による開示請求を行うことができる。

1 開示の内容
(1) 特色選抜における受検者本人の「調査書の評定値合計」,「学力検査の教科別得点」,「活動記録の得
点」,「作文の得点」,「面接の得点」及び「実技等の得点」
(2) 連携型選抜における受検者本人の「学力検査の教科別得点」
(3) 一般選抜における受検者本人の「調査書の評定値合計」及び「学力検査の教科別得点」

2 受付期間・受付時間
(1) 「調査書の評定値合計」以外については,次の期間とする。
ア特色選抜及び連携型選抜
2月12日(火)から3月11日(月)までの1月間とする。ただし,土曜日,日曜日,祝日,3月5日(火)及び3月6日(水)を除く,平日の午前9時から午後5時までとする。
イ一般選抜
3月14日(木)から4月15日(月)までの1月間とする。ただし,土曜日,日曜日及び祝日を除く,平日の午前9時から午後5時までとする。
(2) 「調査書の評定値合計」については,3月28日(木)から4月30日(火)までの1月間とする。ただし,土曜日,日曜日及び祝日を除く,平日の午前9時から午後5時までとする。
※法改正にともなう祝日変更の場合は,開示期間が変更されることがある。

3 受付場所等
開示の請求は,受検者が本人であることを確認できる書類(受検票等)を持参の上,受検した高等学校で行うものとする。
nice!(1)  コメント(6) 

2019-03-01

2月28日の19時前に、志願変更後の出願状況が、県教委のホームページに掲載されました。既にご覧に成られている方も多いと思います。↓

http://nyuushi.tokushima-ec.ed.jp/?action=common_download_main&upload_id=720

徳島市内の普通科は、城北を除いて、かなり緩和されましたね。反面、城ノ内は、まさかの定員比-2名となり、二次募集の対象となりました。鳴板で、残念ながら調整が不発に終わった感もありますが、今回で一応最終確定となりました。入試日までの残りの数日間、後悔をしないためにも、最善を尽くしてくださいね。皆さんの頑張りが報われることを祈念しています。
nice!(1)  コメント(110) 

2019-02-26

2月25日の19時前に、志願変更前の出願状況(高専抜け)が、県教委のホームページに掲載されました。既にご覧に成られている方も多いと思います。↓

http://nyuushi.tokushima-ec.ed.jp/?action=common_download_main&upload_id=719

びっくりしたのが、富岡西です。33人も高専抜けとは。普通科は定員比-1名、理数科は定員比+2名、実質定員比+1。
富岡東と城東学区内は、定員比±0となりましたね。徳島市内の他の学区内や徳島科学技術もある程度緩和されました。特に厳しかった城南学区内は、定員比+12名まで減りましたね。本日から志願変更です。そろそろ今年も最終段階になってきましたね。
nice!(2)  コメント(128) 
前の10件 | -