So-net無料ブログ作成
検索選択

2016-09-29

 先日(9/24)に城ノ内高校の学校説明会がありました。知り得た情報によると、昨年度よりも踏み込んだ説明だったようです。内進生(城ノ内中学校)と外進生(公立中学校)での数学、英語、理科の教育課程の違いを詳しく話されたようです。
 外進生は、先取り授業が中3で行わる内進生とは、違うクラスで授業をするようです。少ない人数で学習できるため、外進生にもメリットはありますね。ただ、数学での差が大きいのが気になりますね。内進生は、数Ⅰが中3の2学期以降で、既に3単位分履修するので、高1では残りの1単位のみになり、その後は数Ⅱをするようですよ。
 内進生(城ノ内中学校)と外進生(公立中学校)別の大学の合格実績を質問された方がいたようですが、高校側は、詳細な数は把握してないので答えられないと返答したらしいです。そんなことは信じられませんけどね。分かっているけど公表できない理由が、何かあると思いますね。外進生でも難関大学(東大以外)に相当数いるような説明があったようなので、残念というか、本当なのかと疑ってしまいます。
 折角説明されたほとんどの内容は良かったようなので、配布物にパワーポイントのスライドの一覧をつけたら良かったのにと思います。城東高校や城南高校等では、毎年それは配布されていますからね。
nice!(0)  コメント(0)