So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2016年02月 |2016年03月 ブログトップ

2016-02-29

本日夕方に、県教委のHPに志願変更前の出願状況(阿南高専、県外高専等の合格で、出願辞退者を除いた数)が掲載されました。↓

これを受けての最後の調整が始まります。例年通りになるとは思いますが、もしかしたら一波乱があるかもしれませんね。
阿南高専の合格者が、予想より多かったためなのか分かりませんが、富岡東普通科、富岡西普通科、徳島科学技術機械と電気で、定員比がマイナスになってしまいましたね。

http://nyuushi.tokushima-ec.ed.jp/index.php?action=pages_view_main&active_action=journal_view_main_detail&post_id=31&comment_flag=1&block_id=27#_27


nice!(1)  コメント(46) 

2016-02-25

 今年の調整は厳しかったようですね。特に徳島市と鳴門市では、夜遅くまでの調印が続いていたようですね。しかし、20人以上オーバーしていて、月曜日に定員比+3だった脇町は、昨年に続き定員比±0でしたね。調整お見事です。同じように、昨年度定員比±0だった富岡東も、本日の阿南高専の合格者の辞退で、現在の+4が0になりそうですね。併願者が4人以上いると聞いていますので。高専が受かり過ぎると、定員比マイナスになるかもしれませんね。
 今後は、阿南高専の合格者80人の公立高校受験辞退者が出ますが、徳島市内の超過している普通科の助けには、大きな期待は望めません。ただし、城南に関しては、ある程度の恩恵は出るかもしれませんが。
また、志願変更の権利はありますが、例年行使する方は少ないです。しかし、今年は増えるかもしれませんね。このまま入試を迎えれば、不合格者数が、ここ数年来の大きさになってしまいます。

※もう既に見られている方が多いと思いますが、下記に県教委のHP掲載の一般選抜出願状況を添付しました。

http://nyuushi.tokushima-ec.ed.jp/?action=common_download_main&upload_id=74
nice!(1)  コメント(107) 

2016-02-23

今年は、久々に調整が難しいようです。最終日に持ち越しの方が多すぎるので、不安な方も多いようですね。しかし、24日の夕方の最終結果が判明(県教委のHPにも掲載)するテレビ放送では、オーバー数が多かったのに、どこに消えたの? とびっくりする学科も出てくるのでしょうね。その逆に、大幅な超過のまま最終日を迎える学科もあるかもしれません。調印が済んだら合格が約束されるわけではないので、入試当日まで学習を継続しましょう。基礎学力テストの30から50点までの差ぐらいは、逆転されることが多々あるようですよ。ご注意してくださいね。


【お詫び】
※質問で、合格最低点のことを聞かれますが、あまり意味のないことだと思いますので、今後はお応えできません。ご了承ください。
※私事で、本日忙しい一日になりますので、今後の返答は、ほぼできないと思います。お許しください。
nice!(1)  コメント(18) 

2016-02-18

 2月16日の徳島新聞朝刊に、一般選抜定員が掲載されていましたね。今年も、中高一貫の城ノ内、富岡東、川島の中学校からそのまま全員か進学していないようですね。そのまま進学しない9人の内訳は知る由もありません。しかし、現在マイナス10人強の城ノ内にも、残念ながら該当者が数人存在しているのでしょうね。
 調印も既に始まっていますが、徳島市内普通科のオーバー数は、城南、徳島市立、城北を除けば、今のところ例年並みに推移しています。徳島科学技術の建設のオーバー数は、異常なままですが・・・・・。この土曜日辺りから本格的に調整が始まるのでしょうね。昨年度よりボーダーを高めにされている中学校が、多い感じがしますので、調整のしすぎで思わぬ定員割れの学科が発生するかもしれません。 
 今後発信する文言は、不確かな情報にはなりますので、信じる方のみ自己責任の上、参考程度に取り扱ってくださいね。質問内容によっては、お応えできないものも多々あるかもしれませんので、ご了承ください。
nice!(1)  コメント(74) 

-|2016年02月 |2016年03月 ブログトップ